解体工事の見積書について解説! | 富山市の解体業者

qrcode.png
http://koshi-ct.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社 古志建設運輸
〒931-8414
富山県富山市浜黒崎3195-7
TEL.076-438-4170
FAX.076-438-7005
007509
 

解体工事の見積書について解説

 

コラム

コラム
 

解体工事は何度も依頼するものではないので、その見積書を丁寧に確認したことがある方は少ないのではないでしょうか。見積書を確認してみると、見慣れない言葉ばかりが並ぶので、「解体業者が提出してくれた見積書だし、工事も問題なく行われるだろう」と曖昧なまま工事を開始してしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、見積書の内容はしっかり確認する必要があります。工事の項目を確認しなければ、追加費用が発生してしまうこともあるかもしれません。ここで簡単にご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

見積書の内容を大きく分けるとこうなる!

見積書の内容は、工事が行われる順番に、

  • 仮設工事費
  • 外構撤去費
  • 建物解体工事費
  • 残土処分費
  • 廃棄物運搬費
  • 廃棄物処分費

というように挙げられます。その他には、各種申請費用や道路の通行を整理するガードマンに対する人件費なども加算されます。

では、それぞれの項目についてより詳しくご説明します。

仮設工事費

仮設工事費

養生シート・防音シートの設置や、工事期間中に使用する仮水道の設置、足場の組み立てなどの費用項目があります。

したがって、養生シート(防音シート)、仮水道設置工事、足場設置などと記されます。

外構撤去費

こちらは、家屋自体ではなく、ブロック塀や車庫、フェンスを解体する際の費用です。

庭や庭に生えている植木なども含まれるので、塀撤去処分費、車庫(カーポート)撤去、フェンス撤去、植木撤去、庭石撤去などの項目が外構撤去費になります。

建物解体工事費

建物解体工事費

いよいよ解体工事本体の費用です。解体業者により、建物解体工事や建物手ばらし解体、建物解体重機作業費など、名称が若干異なります。

また、内部解体工事と外部解体工事に分けて、わかりやすく明記する解体業者もあります。

残土処分費

解体工事で出た土を処分する費用で、残土処分や残土処理という項目になります。

廃棄物運搬費

工事で発生する廃棄物(廃材)を運搬するための費用です。解体廃材収集運搬費、廃棄物収集運搬などの項目で表されます。

廃棄物処分費

廃棄物の処分は適切に行わなければなりません。そうでなければ「不法投棄」となり、罰則・罰金が与えられる可能性もあります。

そのため、知識のある業者によって処分が行われるのが妥当です。工事で出た廃材だけではなく、家財が残っていれば、家財の処分にも当てはまる項目になります。

その他の項目

その他の項目には、各種申請費用(解体工事届け出や道路使用許可など)、鉄板養生、ガードマンなどがあります。

富山市で解体工事を依頼するなら

富山市にある解体業者をお探しの方は、解体工事の計画から施工までワンストップで行う有限会社 古志建設運輸にご連絡ください。

見積りは無料で承っており、内容についてわからないことがあれば、いつでもご質問いただけます。

富山市で解体工事を依頼するなら、まずは有限会社 古志建設運輸にお問い合わせください。

富山市の解体業者をお探しなら有限会社 古志建設運輸

会社名 有限会社 古志建設運輸
住所 【本社】
〒931-8414 富山県富山市浜黒崎3195−7
TEL:076-438-4170 / FAX:076-438-7005
TEL 【二杉リサイクルプラント】
〒939-3546 富山県富山市水橋二杉331−1
TEL /FAX:076-479-1378
代表者 代表取締役 石田 茂
設立年月日 昭和61年 8月 設立
資本金 30,000千円
従業員数 16名
業務内容 貨物自動車運送事業
自動車運送取扱事業
建築工事業
土木工事業
管工事業
舗装工事業
浚渫工事業
建物解体業
建設残土の処理
土石採集販売業
宅地建物取引業
宅地分譲
産業廃棄物の収集・運搬・処理
URL http://koshi-ct.co.jp/
<<有限会社 古志建設運輸>> 〒931-8414 富山県富山市浜黒崎3195-7 TEL:076-438-4170 FAX:076-438-7005