本文へ移動
有限会社 古志建設運輸
〒931-8414
富山県富山市浜黒崎3195-7
TEL.076-438-4170
FAX.076-438-7005
0
4
4
9
6
9

【富山】解体工事の流れ・注意点・費用相場について

【富山】解体工事の流れや費用相場について

富山で戸建てや公共施設・民間施設などの解体工事を依頼しようとお考えの方はいらっしゃいますか?解体工事をはじめて依頼するという方の中には、「どのような流れで工事が行われるのか」「どれくらいの費用がかかるのか」と不安や疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。スケジュール管理や資金計画を立てるためにも、戸建てや公共施設・民間施設などの解体工事を依頼する前に解体工事の流れや費用相場について確認しておきましょう。

こちらでは、解体工事の流れや注意点、費用相場、費用を安く抑えるコツをご紹介いたします。富山で戸建てや公共施設・民間施設などの解体工事を依頼する際には、安全管理を徹底した工事を行う有限会社 古志建設運輸にご依頼ください。解体工事をはじめ、土木工事・建築工事・管工事など、建設にかかわる全般業務を行っております。

【富山】解体工事の流れや注意点

戸建てや公共施設・民間施設などの解体工事は、依頼したらすぐに始められるというわけではありません。工事前に各種申請や手続きを行う必要があります。希望の時期までに解体工事を終わらせるためにも、解体工事を依頼する前に解体工事の流れを把握しておきましょう。

こちらでは、解体工事の流れや注意点をご紹介いたします。

【富山】解体工事の流れ

解体工事の流れ

解体工事を依頼したいと思ったら、以下のような流れで進んでいくのが一般的です。

1.依頼する解体業者の選定

まずは、依頼する解体業者を探すところから始めます。比較・検討するためにも、1社ではなく3社程度選定することをおすすめいたします。

2.見積りを依頼する

選定した業者に、見積りを依頼しましょう。依頼された業者は建物の構造と状態、近隣環境などの立地、搬入ルートなどの現地調査を行い、見積書を提出いたします。業者によって、工期や工法、費用などは異なります。複数の業者に見積りを依頼することで工事の内容や費用などを比較検討することができるため、より信頼できる業者に依頼することができるでしょう。

3.解体業者の決定・契約締結

見積りに納得し、依頼したいと思える業者が見つかったら、契約を行います。契約書に記載されている内容に間違いがないか、しっかりとご確認ください。

4.各種申請

解体工事を行うには、「建設リサイクル法の事前申請」「道路使用許可申請」などを行う必要があります。申請の許可がおりてからでないと解体工事は行えません。

5.ライフラインの停止・解約

ガス、電気などのライフラインがつながったまま解体工事を行うことはできません。事前に、電気や電話、ガス、インターネットなどのインフラ設備の停止・解約作業を行います。それぞれの管轄会社に、解体工事をするので何日から止めて欲しいと連絡をします。

6.近隣への挨拶

解体工事では、騒音や振動、粉塵の飛散、道路の使用など、近隣住民の方にご迷惑をおかけすることになります。そのため、解体工事を行う前に近隣の家を一軒一軒まわり、工事がはじまることをお知らせいたします。

7.解体工事着工~完了

足場を組み、養生シートを設置したら、分別解体のために内装材や住宅設備機器、屋根材などを手作業で撤去していきます。それが済んだら、重機を使用して解体を行います。解体工事で発生した廃材はきちんと分別し、処分いたします。地中埋設物の確認と撤去、整地を行えば、解体工事は完了です。

以上が解体工事完了までの流れですが、工事が終わったからと言ってすべてが完了したというわけではありません。解体工事完了後は、「建物滅失登記」を行う必要があります。自分で行うのが難しい場合は、土地家屋調査士や司法書士に依頼することも可能です。

【富山】解体工事を依頼するときの注意点

依頼の注意点

解体工事を依頼する際は、以下の点にご注意ください。

不用品は処分しておく

戸建てを解体するにあたって、事前に室内にある家具や電化製品などの不用品を処分しておきましょう。家庭から出るゴミは「一般廃棄物」に分類され、処分するためには一般廃棄物関連の免許を持った業者に依頼しなければなりません。解体業者は、この免許を持っていないことがほとんどです。場合によっては、不用品の処分代として追加で料金が請求されることもあります。そのため、室内にある不用品は自分たちで処理しておくことをおすすめいたします。

ゆとりを持った解体計画を

解体工事は、天候により遅滞することがあります。また、工事中に地中埋設物が見つかった場合、それを処理するために時間がかかることもあるため、解体工事を依頼する際には工期が延びることを想定して、ゆとりを持った解体計画、スケジュール管理が大切です。

【富山】解体工事の費用について解説

解体工事を依頼する際、費用が気になる方は多いでしょう。また中には、なるべく費用を安く抑えたいという方もいらっしゃるかと思います。

こちらでは解体工事の費用相場や安くするコツをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

【富山】解体工事の費用相場

費用相場

解体工事の費用は、建物の構造や広さによって異なります。固い構造体でできている建物ほど工事の手間が増えることから、解体費用の単価は高くなります。解体工事における「単価」とは、建物1坪(=約3.3平方メートル)あたりの解体費用のことです。

各構造の坪単価あたりの解体費用は、以下のとおりです。

  • 木造:3~5万円/坪
  • 鉄骨造:4~6万円/坪
  • RC造(鉄筋コンクリート):6~8万円/坪

構造が同じでも、坪数が大きくなるほど坪単価は安くなる傾向にあります。なぜなら、工事工程は坪数の大きさによって変わることはないためです。つまり、人件費や機材を準備するための費用などは、坪数が小さいほど割高になるということです。

それでは、坪数による解体費用の目安を見てみましょう。

  • 木造:30坪90~150万円、50坪15~250万円
  • 鉄骨造:30坪120~180万円、50坪200~300万円
  • RC造(鉄筋コンクリート):30坪180~240万円、50坪300~400万円

こちらで紹介した相場は、あくまでも目安です。建物の状態や地域などによっても変動するため、費用相場が知りたい方は解体業者に問い合わせてみることをおすすめいたします。

【富山】解体工事費用を安くするコツ

安くするコツ

少しでも解体工事費用を安くしたいという方は、以下を参考にしてください。

解体業者に直接依頼する

建て替えに伴う解体工事を行う場合、ハウスメーカーや工務店を通して解体工事を依頼する方も多くいらっしゃるでしょう。このように解体業者との間に仲介業者が入ると、仲介手数料(中間マージン)が発生してしまいます。ハウスメーカーや工務店などは通さず、直接解体業者に依頼すれば余計な手数料が発生するのを防ぐことができるため、少しでも費用を抑えたい場合には、解体業者と直接契約を結びましょう。

不用品を処分する

上述したように、家具や電化製品、粗大ごみなど一般家庭から出るゴミの処分を解体業者に依頼した場合、処分費用が発生することがあります。処分するものが多いほど費用も高額になるため、不用品は解体工事を依頼する前に自分たちで処分することをおすすめいたします。使えそうな家具や電化製品は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうのもいいでしょう。

補助金を活用する

きちんと管理せず放置された空き家や老朽化した家屋、倒壊の危険性がある建物を解体する場合、自治体からの補助金を受けることができる場合があります。自治体ごとに設定している条件を満たして審査を通過する必要があるため、まずは各市区町村のホームページを確認するか、直接窓口へ行き相談してみることをおすすめいたします。

富山で解体工事を依頼するなら土木事業も行う有限会社 古志建設運輸へ

富山で戸建てや公共施設・民間施設などの解体を依頼する前に、解体工事の流れや注意点、費用相場などを確認しておきましょう。事前に把握しておくことで、スケジュール管理や資金計画が立てやすくなります。また、中には工事費用を少しでも安く抑えたいという方もいらっしゃるでしょう。そういった方は解体業者に直接依頼したり、不用品を処分したり、補助金の有無を確認したりすることをおすすめいたします。

富山で解体業者をお探しの方は、戸建てやビル、公共施設・民間施設などの解体工事に対応する有限会社 古志建設運輸にご依頼ください。安全管理を徹底した解体工事を行っております。施工計画から廃棄物処理までワンストップで対応させていただいており、スピーディーかつ低コストでのサービス提供が可能です。また、有限会社 古志建設運輸は土木事業のエキスパートでもあります。官公庁様、民間事業者様問わず土木工事全般もお引き受けしておりますので、富山で土木工事を依頼しようとお考えの方もお気軽にお問い合わせください。

富山で解体工事の依頼をお考えなら有限会社 古志建設運輸へ

会社名 有限会社 古志建設運輸
住所
【本社】
〒931-8414 富山県富山市浜黒崎3195−7
TEL:076-438-4170 / FAX:076-438-7005
【二杉リサイクルプラント】
〒939-3546 富山県富山市水橋二杉331
TEL / FAX 076-479-1378
URL https://koshi-ct.co.jp/
代表者 代表取締役 石田 茂
設立年月日 昭和61年 8月 設立
資本金 30,000千円
従業員数 16名
業務内容
  • 貨物自動車運送事業
  • 自動車運送取扱事業
  • 建築工事業
  • 土木工事業
  • 管工事業
  • 舗装工事業
  • 浚渫工事業
  • 建物解体業
  • 建設残土の処理
  • 土石採集販売業
  • 宅地建物取引業
  • 宅地分譲
  • 産業廃棄物の収集・運搬・処理
TOPへ戻る