本文へ移動
有限会社 古志建設運輸
〒931-8414
富山県富山市浜黒崎3195-7
TEL.076-438-4170
FAX.076-438-7005
0
2
7
4
3
6

【富山】建物解体のメリット・デメリットと見積りについて

【富山】建物解体のメリット・デメリット

建て替え予定の家屋や、老朽化した公共施設・民間施設などの解体をお考えの方はいらっしゃいますか? 中には、はじめて建物解体を依頼するという方もいらっしゃるでしょう。

そういった方のため、こちらでは建物解体のメリットとデメリット、見積りの項目と注目するポイントをご紹介いたします。富山で家屋や施設などの建物解体を依頼しようとお考えの方は、土木工事も行う有限会社 古志建設運輸にお任せください。解体工事に合わせ、産業廃棄物処理までワンストップで対応しております。

【富山】建物解体のメリットとデメリットを比較

建て替えを予定している家屋や老朽化した家屋・施設などは、解体を選択することが多いでしょう。中には、建物解体をしようかどうか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そこでこちらでは、建物解体のメリットとデメリットをご紹介いたします。富山で家屋解体・建物解体を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【富山】建物解体のメリット

メリット

建物解体を行うことで、以下のようなメリットが期待できます。

売却がしやすくなる

老朽化した家屋や施設などは市場価値が低く、そのまま売却しても買い手を見つけることは難しいでしょう。相場よりも低い価格を設定すれば売却できる可能性もありますが、それよりは解体して更地になった土地を売却するほうがより希望価格で売却できる可能性があります。買い手もつきやすいので、スムーズに手放すことができるでしょう。

倒壊を防げる

老朽化した建物は、倒壊の危険性があります。特に木造の場合、湿気による腐食やシロアリの繁殖により基礎部分が脆くなっており、地震や台風などで崩れる可能性があります。また、侵入者による放火や害虫・害獣の棲み家になる可能性もあり、周辺住民に迷惑をかけることになるのです。被害を及ぼせば、所有者が損害責任を負うことになるため、管理ができない建物は放置せず、解体を行うのも一つの選択です。

管理するための費用や手間が不要になる

建物を管理するためには、時間や費用が必要になります。特に空き家の場合、持ち主は定期的に通気を行ってカビの繁殖を防いだり、雑草を除去したり、外壁・屋根の状態を確認したり、雨漏りによる木材の腐食を防いだりと、やることがたくさんあります。管理を怠れば老朽化が進み、倒壊や火災などのリスクを高めてしまいます。また、土地や家屋を所有していると固定資産税が毎年かかることにもなりますし、管理状態が悪い空き家は、「空家等対策特別措置法」によって各自治体による行政代執行が行われ、その解体費用が請求される可能性があります。これを防ぐためにも、活用予定のない建物は早めに解体工事を行ったほうがよいと言えるでしょう。

【富山】建物解体のデメリット

デメリット

続いて、建物解体のデメリットをご紹介いたします。解体工事にはデメリットもありますので、きちんと確認しましょう。

解体費用がかかる

建物解体費用は、当然ですが所有者が負担することになります。建物の構造や広さなどによっても異なりますが、数十万から数百万単位の工事になることも珍しくありません。自治体によっては助成金・補助金を用意しているところもあり、解体工事にかかる費用の一部を助成金・補助金で賄うことができます。解体費用が原因でなかなか解体工事に踏み切れないという方は、ぜひチェックしてみてください。

固定資産税の減税が適用されなくなる

不動産を所有していると、「固定資産税」と「都市計画税」がかかります。その土地に住宅用建物が建っていた場合、土地の固定資産税は最大で1/6、都市計画税は最大で1/3の減額が認められます。建物解体で更地にするとこの減税が適用されなくなるため、解体工事後は税金が上がってしまうことになります。しかし、「空家等対策特別措置法」により「特定空家」に指定された場合、この住宅用地の特例は適用されなくなります。つまり、特定空家に指定される可能性の高い空き家を所有している場合は、建物を解体することの税制上のデメリットはなくなるということです。

【富山】建物解体をする際の見積りについて

建物解体をお考えの場合、まずは解体業者に見積りを依頼することになります。複数の解体業者に見積りを依頼し、比較検討することで費用相場を知ることができますが、比較検討のためには見積書の見方をきちんと把握することが大切です。

こちらでは、見積りの項目や注目するポイントをご紹介いたします。解体業者に見積りを依頼する前に、ぜひご確認ください。

【富山】建物解体費用見積りの項目

見積書

見積りには、建物解体に必要な費用が細かく記載されています。こちらでは、費用の内訳について見ていきましょう。

本体工事費

こちらは、実際に建物を壊すために必要な人件費や重機の費用のことです。総費用の大部分を占めます。建物は強度が強いほど壊しにくいため、木造<鉄骨<鉄筋コンクリートの順に解体費が高くなります。

付帯工事費

こちらは、樹木・ブロック塀・倉庫・門や扉など、メインの建物以外を撤去する際にかかる費用です。付帯工事の費用を明らかにするには、現地調査を行う必要があります。

仮設工事費

こちらは、解体工事を行うために必要な足場や防音シート、防塵シート、現場周辺の仮囲いなどを設置する費用、工事用電気や水道の費用などが含まれます。

廃棄物処分費

解体によって出た建築材料(瓦、木材、コンクリート、ブロックなど)の廃棄物は、産業廃棄物に分類されます。これを処分するためには、産業廃棄物処分業許可証・産業廃棄物収集運搬業許可証を取得した業者でなくてはいけません。中には廃棄物処理にかかる費用を削減するために不法投棄する悪徳業者も存在するため、解体業者を選ぶ際には産業廃棄物の処理もきちんと行っていることを確認しましょう。

重機回送費

解体工事で使用する重機は、公道を走行することはできません。そのため、重機を運ぶための費用が必要です。重機の保有場所から解体現場までの距離が長いほど、高くなります。

届出・手続き費用

こちらは、解体工事を行う上で必要な届出・手続きにかかる費用です。主に、「建設リサイクル法」に基づく届出と、「道路使用許可」の申請が必要になります。場合によっては「アスベスト除去の届出」「道路占用許可書の届出」なども必要になり、それにより費用も変わります。

整地費

こちらは、建物解体後に土地を整地するためにかかる費用です。整地費は総費用の約1割程度が相場とされていますが、細かい塊(ガラ)が大量に残っている場合は費用がかさむ場合があります。

諸費用

こちらは、トラックや重機の駐車場代や近隣挨拶に粗品代を渡す近隣挨拶費などを含みます。

【富山】建物解体の見積りで注目するポイント

ポイント

建物解体の見積りを依頼した際には、内訳だけではなく他にもしっかりと見てほしいポイントがあります。

総額は税込みで表示されているか

国税庁の通達により、見積書に記載する総額は税込み表示が標準とされています。しかし、中には税抜きで記載する業者も存在するため注意が必要です。税抜きで記載されている場合、実際に払う金額はもっと高くなります。

工事の範囲

工事範囲が、自分の希望どおりになっているか確認しましょう。これをしっかりと確認しないと、業者との間に「ここまで対応してもらうはずだったのに」といった認識のズレが生じる場合があります。

見積書の作成日や有効期限が正しく記載されているか

特に複数の業者に見積りを依頼する際には、有効期限を確認することが大切です。有効期限切れの場合、再度見積りを依頼することになりますが、前回よりも高くなってしまったということも考えられます。

他にも見積りでチェックしたいポイントはたくさんありますが、大切なのは少しでも疑問に思ったことは納得がいくまで質問をするということです。見積りの内容について丁寧にわかりやすく説明してくれる業者は、信頼できると言えるでしょう。

富山で建物解体や土木工事を行う有限会社 古志建設運輸

富山で家屋や施設などの建物解体にお悩みの方は、建物解体に伴うメリット・デメリットをチェックし、業者に一度見積りを依頼してみてはいかがでしょうか? 見積りを依頼した際には、内訳はもちろん、総額は税込み表示か、工事範囲や見積書の作成日・有効期限など、金額以外の箇所もしっかりと確認することが大切です。

富山で建物解体をお考えの方は、解体事業・土木事業を行う有限会社 古志建設運輸にご依頼ください。長年の技術と知識で、安全管理はもちろん誠実・丁寧な施工を行っております。計画から施工・産業廃棄物処理まで、ワンストップで対応可能です。有限会社 古志建設運輸では官公庁様、民間事業者様問わず土木工事全般も引き受けておりますので、土木工事に関してもお気軽にご相談ください。お問い合わせはお電話、もしくはサイト内の専用フォームよりメールで承ります。

富山で建物解体のご依頼なら有限会社 古志建設運輸

会社名 有限会社 古志建設運輸
住所
【本社】
〒931-8414 富山県富山市浜黒崎3195−7
TEL:076-438-4170 / FAX:076-438-7005
【二杉リサイクルプラント】
〒939-3546 富山県富山市水橋二杉331
TEL / FAX 076-479-1378
URL https://koshi-ct.co.jp/
代表者 代表取締役 石田 茂
設立年月日 昭和61年 8月 設立
資本金 30,000千円
従業員数 16名
業務内容
  • 貨物自動車運送事業
  • 自動車運送取扱事業
  • 建築工事業
  • 土木工事業
  • 管工事業
  • 舗装工事業
  • 浚渫工事業
  • 建物解体業
  • 建設残土の処理
  • 土石採集販売業
  • 宅地建物取引業
  • 宅地分譲
  • 産業廃棄物の収集・運搬・処理
TOPへ戻る