本文へ移動
有限会社 古志建設運輸
〒931-8414
富山県富山市浜黒崎3195-7
TEL.076-438-4170
FAX.076-438-7005
0
4
4
9
6
0

【富山】産業廃棄物の法律・費用について 業者を選ぶには産業廃棄物収集運搬業許可の確認

【富山】産業廃棄物の法律・費用・業者について

廃棄物には、2種類あることをご存知ですか? 事業活動に伴って発生した廃棄物のうち、法令で定められたものは「産業廃棄物」、産業廃棄物に該当しないものはすべて「一般廃棄物」に分類されます。この廃棄物の種類によって処理・収集の仕方が異なり、依頼する業者も違うため、注意が必要です。

こちらでは、産業廃棄物の法律・費用・業者についてご紹介いたします。

【富山】産業廃棄物の法律や費用について

昭和45年12月25日に公布された「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」は、廃棄物の排出の抑制及び廃棄物の適正な分別、保管、収集、運搬、再生、処分等の処理をし、ならびに生活環境を清潔にすることにより、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることを目的とした法律です。 何度も繰り返し改正が行われ、廃棄物の撤去・運搬・処理について、より厳しい基準が定められています。

こちらでは、産業廃棄物処理の法律や費用についてご紹介いたします。

【富山】産業廃棄物処理の法律

産業廃棄物

産業廃棄物の種類「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」では、産業廃棄物に分類される廃棄物について以下の20種類を定めています。

あらゆる事業活動に伴うもの 燃え殻
汚泥
廃油
廃酸
廃アルカリ
廃プラスチック類
ゴムくず
金属くず
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
鉱さい
がれき類
ばいじん
排出する業種が限定されるもの 紙くず
木くず
繊維くず
動物系固形不要物
動植物性残さ
動物のふん尿
動物の死体
上記の19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの コンクリート固型化物
事業者の責務

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」第3条第1項において「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任で適正に処理しなければならない」、第11条第1項において「事業者は、その産業廃棄物を自ら処理しなければならない」とされています。廃棄物処理業者に産業廃棄物の処理を委託した場合であっても、排出事業者に処理責任があることに変わりはありません。

事業者にかかる基準
・自ら運搬または処分する場合

「収集運搬にあたって、産業廃棄物の飛散、流出や悪臭、騒音、振動によって周辺住民に迷惑を及ぼすことがないようにしなければならない」「運搬車は、車体の両側面に産業廃棄物収集運搬車であることを表示し、定められた書面を備えつけなければならない」「処分施設は、囲いを設ける、掲示板を掲げるなど一定の基準に従って設置しなければならない」などの基準を守る必要があります。

・運搬または処分を委託する場合

産業廃棄物の収集運搬や処分を委託する場合、許可のある業者に委託をしなくてはいけません。委託の際には、契約を締結しなくてはいけません。契約の際に交わした契約書は、業務終了日から5年間保管してください。

【富山】産業廃棄物の処理費用

処理費用

産業廃棄物の処理費用は、業者によっても異なります。こちらでは産業廃棄物を処理する際の費用目安をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

  • 軽量混合廃棄物:1万3,000円~
  • 廃プラスチック系混合廃棄物:1万6,000円~
  • ガラ混合廃棄物:3万円~
  • ボード混合廃棄物:3万円~
  • 純ガラ(無鉄):1万2,000円~
  • ごみガラ(ゴミ含あり):3万円~
  • 解体系下ゴミ:3万円~
  • 再生木くずのみ:5,000円~
  • 石膏ボード(リサイクル可能品):1万2,000円~
  • 石膏ボード(リサイクル不可能品):3万円~
  • レンガ(耐火レンガは不可):2万5,000円~
  • 色付き瓦・日本瓦:1万8000円~
  • サイディングケイカル板:3万円~
  • タイルカーペット:1万6,000円~
  • タイル:2万5,000円~
  • がれき類・ガラス陶磁器くず:2万5,000円~

こちらでご紹介した費用はあくまで目安ですので、より詳しい費用が知りたいときには業者に問い合わせることをおすすめいたします。

【富山】産業廃棄物収集・処理・運搬業者について

産業廃棄物の収集運搬は、「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得している業者にのみ許可されています。

こちらでは、そんな「産業廃棄物収集運搬業許可」についてご紹介いたします。産業廃棄物収集運搬・処理業者を選ぶときの注意点もご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

【富山】産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物を運ぶ

産業廃棄物収集運搬業は、産業廃棄物を「運ぶ」仕事です。積替え・保管を含まないものと、積替え・保管を含むものがあり、どれを取得するかで流れや対応できる業務の範囲が異なります。

回収場所からそのまま中間処理施設や最終処分場などに運び込むだけの場合は、積替え・保管を含まない産業廃棄物収集運搬業の許可で構いません。しかし、産業廃棄物をトラックからトラックに積み直す作業を行う場合や、指定した場所に産業廃棄物を保管する予定がある場合は、積替え・保管を含む産業廃棄物収集運搬業の許可取得が必要になります。

産業廃棄物収集運搬業許可は申請すればだれでも取れるというものではなく、以下の要件をすべて満たす必要があります。

欠格要件に該当しないこと

欠格要件は、以下のとおりです。

  • 成年被後見人、被保佐人、破産者
  • 禁錮以上の刑に処せられてから5年を経過しない者
  • 廃棄物処理法等の環境関連法、刑法などの法律違反によって罰金以上の刑に処せられてから5年を経過しない者
  • 廃棄物処理業、浄化槽清掃業の許可を取り消された者で取消しの日から5年を経過しない者(廃業した場合も同じ)
  • 暴力団員または暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  • 暴力団員などがその事業活動を支配する者

欠格要件の対象者は、法人自体、役員、政令使用人、法定代理人、相談役・顧問・監査役、5%以上の株主です。この中の1人が1つでも欠格要件に該当すれば、許可は取得できません。

講習会を受講していること

各都道府県及び政令市にある「公益社団法人産業廃棄物協会」による講習会を受講し、修了している必要があります。

運搬施設があること

継続的に運搬車両・保管場所の使用権限があり、産業廃棄物が飛散・流出することにより悪臭が漏れるおそれのない運搬車両・運搬容器を使用している必要があります。また、車両を停めておく駐車場も必要です。

経理的基礎を有していること

産業廃棄物収集運搬業を、的確かつ継続的に行うことができる経理的基礎を有する業者かどうかも求められます。

  • 利益が計上できていること
  • 債務超過になっていないこと
  • 法人税または所得税等を納税していることを証明する必要があります。
事業計画を整えていること

事業内容が計画的に実施され、法律に違反せず、業務量に応じた施設や人員など、業務遂行の体制を整えている必要があります。

【富山】産業廃棄物収集運搬・処理業者を選ぶときの注意点

選ぶ時の注意点

産業廃棄物の収集運搬・処理を依頼する業者を選ぶ際には、以下の注意点についてきちんと把握しておきましょう。

保管基準の遵守が必須

産業廃棄物を保管するためには、「保管場所の周囲に囲いを設ける」「保管した旨の看板を設置する」などの基準を遵守する必要があります。業者に委託する前に、この基準を満たしているかしっかりと確認しましょう。

産業廃棄物収集運搬・処理は許可業者しか行えない

業者を選ぶ際には、産業廃棄物収集運搬業許可を取得しているかどうかきちんとチェックしましょう。許可証には有効期限がありますので、有効期限が切れていないか確認することも大切です。

回収する県と降ろす県で許可が必要

産業廃棄物の収集運搬を行うには、廃棄物を回収する県と降ろす県両方の許可が必要です。

処理手順がしっかり明確化されているか確認する

産業廃棄物の処理を業者に委託したとしても、正しい処理が行われなかった場合、責任が問われるのは排出事業者です。そのため、どのような手順で処理が行われるのかしっかりと明確化しておく必要があります。

富山で産業廃棄物の撤去・運搬・処理を行う有限会社 古志建設運輸

こちらでは、産業廃棄物の法律・費用・業者についてご紹介しました。産業廃棄物の運搬・処理・撤去を依頼しようとお考えの方は、依頼する前にぜひご確認ください。 業者を選ぶ際には、許可の有無や処理手順についてもきちんと確認することが大切です。

富山で産業廃棄物の撤去・運搬・処理を行う有限会社 古志建設運輸では、法人様・個人様問わず対応可能です。富山市の産業廃棄物処分業許可の他、富山市・富山県・石川県の産業廃棄物収集運搬業許可を受けておりますので、安心して産業廃棄物の撤去・運搬・処理をお任せいただけます。まずはお気軽にお問い合わせください。

富山で産業廃棄物の業者をお探しなら有限会社 古志建設運輸

会社名 有限会社 古志建設運輸
住所
【本社】
〒931-8414 富山県富山市浜黒崎3195−7
TEL:076-438-4170 / FAX:076-438-7005
【二杉リサイクルプラント】
〒939-3546 富山県富山市水橋二杉331
TEL / FAX 076-479-1378
URL https://koshi-ct.co.jp/
代表者 代表取締役 石田 茂
設立年月日 昭和61年 8月 設立
資本金 30,000千円
従業員数 16名
業務内容
  • 貨物自動車運送事業
  • 自動車運送取扱事業
  • 建築工事業
  • 土木工事業
  • 管工事業
  • 舗装工事業
  • 浚渫工事業
  • 建物解体業
  • 建設残土の処理
  • 土石採集販売業
  • 宅地建物取引業
  • 宅地分譲
  • 産業廃棄物の収集・運搬・処理
TOPへ戻る